2004年12月06日

ビートルズ I Feel Fine の Drums は影武者のプレイなのか?という考察

第2弾。

これもネット上でしばしば見かける意見だ。具体的には、この曲を含めて数曲がバーナードパーディ氏によるプレイなのではないか、と噂されている。以前のオレはこの手の話題は一笑に付してきた。リンゴスターは左利きなせいでオカズに幾分クセがあるものの、それを除くとじゅうぶんテクニック的にも上手いドラマーである。特に初期から中期にかけてのビートルズのドライブ感やグルーヴは、彼がいなければ絶対に生まれなかったものだろう。特に8ビートでの疾走感はリンゴスターの独壇場だ。ポールマッカートニーもリンゴスターがドラマーでなければ、あそこまで上達しなかったのではと思われるほどだ。実際はポール自身もかなりのリズム感の持ち主なので、リンゴ〜ポールの相乗作用が大きかったと思われるが、いずれにせよ両者はビートルズにとって不可欠である。
というわけで、リンゴスターでじゅうぶんなのに何故影武者を使う必要があるのか?その根拠がないというのがオレの考えだった。
影武者説については、別のことが発端ではないかと思われる出来事がある。それはジョンレノンのローリングストーン誌インタビューだ。これは本として出版されているので今でも読むことが可能だが、ここでジョンレノンはホワイトアルバムレコーディング時のメンバー間の軋轢に付いて触れ、あの時点からグループの崩壊が始まったこと、バラバラでまとまりがなく個人個人で好きなことを始めたこと、レコーディングもグループのものというよりはソロ作品の寄せ集めだったこと、その結果グループというよりは各メンバーのバックバンド的な気分で演奏したことなど、赤裸々に語っている。この最後の「メンバーそれぞれのバックバンド」の部分だが、ここは是非実際に本を読んで欲しい。原文がジョン特有のレトリックで難しいのか片岡氏の訳が微妙なのか判断しがたいところだが、読みようによっては「ホワイトアルバムのレコーディングはメンバーそれぞれがバックバンドとともに行った」と読めないこともない。
ビートルズ現役当時、その人気ゆえビートルズに関する陰口は後を絶たず、日々ゴシップネタで盛り上がっていた。ほとんどはスポーツ紙レベルのデマだが、彼等の特異なキャラもあり、半分バカにしたような感じで取り上げられていたようだ。ビートルズは実際には楽器を何もプレイできない、とか平気で言われていたりもした。実際に楽器をプレイする人間なら、そんなことはありえないとすぐにわかるが、She Loves Youの項でも書いたとおりビートルズのマニアは音楽を聴かない人が多く、100%信じないまでも「本当かもしれない」などと疑うことはあったようで、そういったデマが居酒屋レベルのネタに繋がってくる。
そのようなゴシップが深層心理的な部分に染み付いている人が、無意識な先入観で先のジョンレノンのインタビューを読むとどうなるか。ホワイトアルバムのくだりも勝手に「メンバーそれぞれが勝手にバックバンドとともにレコーディングした」と読み替えてしまうのである。
これはオレの空想ではないのだ。このインタビューの後、かなり多くの評論や音楽雑誌等で、実際にそのような記述が見られたのだ。こうして70年代以降、影武者説は真実味を帯びていった。
こうした状況のなか、確か80年代の終わり頃ではないかと思うが、某音楽雑誌によるリンゴスターへのインタビューが行われた。そこでインタビュアーは勇敢にも、リンゴ本人に対して「ホワイトアルバムではメンバーはプレイしていないといわれていますが、実際はどうですか」と質問した。もちろんリンゴの答えはNO。「メンバー全員でプレイした(クラプトン等いくつかの楽器を除く)」と。それ以外の部分でもこのインタビューはかなり画期的なものだった。当時リアルでその雑誌を読んだオレは感動したね。これで状況も変わるだろう、とホッと胸をなでおろしたもんだ。
しかし状況は変わらなかった!よほど負の情報が好きなのか、そう思い込みたいのか、他に語るべきものがないのか、ともかく世の中はあいかわらずなのだ。

前の記事でアップルやEMIが大本営発表で落とし前をつけろ、みたいに書いたが、その後よく考えてみると、いちばん曖昧なのは他ならぬ彼等だった。彼等はいまだに宣伝のため平気で嘘をついている。今は21世紀だというのにアップルやEMIは、実に稚拙でバレバレな嘘をつく。Let It Be...Naked の宣伝文でも明らかだよね。電気的にスペクターのオーケストラを除去???ハァ???あきれてものが言えない。そのちょっと前には、有名なナグラテープ(ゲットバックセッションの記録テープ)の話もあった。あれもただの記録テープなのだが、大本営やメディアは「あれを盗賊団から取り戻したので Let It Beをやり直せる」などと吹聴していた。今は70年代ではないのだ。リミックスが常識な昨今、マルチトラックレコーディングの仕組みなど、今や中学生でもなんとなく知っているだろう。そんな時代にあって、アップルの宣伝方法は祭りの出店レベルである。本当に情けない。
だがこの話は笑えないのだ。リミックスやDJによるプレイをごく普通に聴いている中学生にはネタでも、70年代の知識のままのオヤジどもは、そんなアップルの出店レベルな宣伝文にあっさりと騙されてしまうのだ。おそらくアップルのターゲットもそこにあるんだろうね。オヤジ金持ちだし。アップルはビートルズをネタにして援交してるんである。やれやれ。

この話はまた続きます。
marcomusi at 08:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア〜音楽関連

2004年11月21日

電車男とメディアのヘタレぶりについて

先日フジのニュースで取り上げてたのをたまたま見たのだが「元気のない出版界が、これをきっかけに盛り上がれば…(意訳)」みたいなコメントがついていて笑いました。

そうなのか。そうなのか。それなら判る。初めから負けだと認めちゃってたのね。ネットで見つけたおもしろいネタをピックアップして広める。…って、それ今のブログの状況では?まあいいけど。

先日ビートルズのネタについて書いた。これからもこの辺のことはピックアップしていくつもりだが、このビートルズの件は供給メディア側が取り残されている典型のような気がする。話せば長くなるのだが、簡単に言うとメディアやCDのライナーで書かれているビートルズのデータや考察は、今やすっかり時代遅れなのである。ビートルズ関連の出版物やソフトはドル箱。多数の死にかけハイエナが今でも食らいついている。なので、いつまで経っても感覚がアップデートされない。マトモなデータを扱った書籍や雑誌もあるが、あくまでマニアックで少数であり、それらはビートルズのリスナー層である一般市民層に届くことはない。昔の立川直樹氏のような気合の入ったライナー「概論」など望むべくもない。
一方ネット上の無数のビートルズマニア達は、それを良いことに自説をここかしこでバラマキまくっている。ネットは検閲もないし誰でも閲覧可能状態。デマでもネタでも、ともかく垂れ流しなのだ。結果、先のようなことが起こるのだ。こういう例は無数にあると思われる。特にビートルズマニアと称する人々は、他のアーティストのファンに比べて何故か悪質。本当にタチが悪い。音楽のことを何も判ってないと思われるような人々が、平気で音楽論とか書く世界。数の弊害だよね。

こうなると本当にゲリラだよ。メディア関係者はこれを鎮圧する義務があると思うよ。ビートルズ関連の商品を発売する権利を持っているお前らが、だよ!オイシイ権利を持っている代わりに義務も負う。当たり前のことだ。重責だよ。CCCDなんぞにかまけてる場合か。まず歌詞と訳詞から直せ。話はそれからだ。


…ということなのです。少しは判っていただけたでしょうか。
marcomusi at 07:39 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | メディア〜音楽関連

2004年11月17日

She Loves You シングルバージョンと独語バージョンのリズムトラックは同一のものか?という考察

キャピトルボックス関連でいろいろ検索していて偶然発見しました。

http://www.beatletracks.com/btsly.html
上記のサイトで同一のものじゃないか?と言われているようです。

http://www.jp-backbeat.com/beatles/studio/1/shelovesyou.htm
ここでも触れられていますね(Topはこちら)。

ビートルズはとてつもなく人気や影響力があるバンドであり、今だに新たなファンが増えているのは良いことですが、今さら風化した問題を持ち出してあれこれ討論するのは(話題としては面白いけども)ナンセンスです。なぜかというと、これはとっくに結論が出ているからですね。もちろん違う演奏に決まってるじゃないですか。聴きゃぁ一発で分かる話です。今まで研究してきた人達の耳が、すべて節穴だったとでも言うのでしょうか。必要なのは派形ソフトではなくフレーズを聞き取る耳です。

ビートルズはこういうことが非常に多いです。解決済みの話題をあれこれ穿り出して、実しやかに語りたがる似非マニアが後を絶ちません。ファン人口が膨大な数なのでしょうがないのですが、これは本家のアップルなりEMIがちゃんとした見解を出さないのも原因があります。マーク・ルィソンの研究本では、内容がヘビーすぎて一般人は付いていけません。また、メンバーのインタビューや著作にも、レトリックが難しく簡単には理解できない表現や、翻訳の誤り等で誤解を生むものなど多数あります。これらは誰かがまとめて分かりやすく解説する必要があるのだと思いますね。もちろんちゃんと読解力のある人に限りますけど。誰かがそれをやらない限り、永遠に話題は蒸し返されループされ続けます。それが人気を保つコツなのかもしれませんがね。私のサイトもそういった話をネタにしたものなのですから、一概に否定もできませんが、2chレベルならともかく、サイトに堂々とデマともいえるようなことを書き連ねているのはどうかと思います。例えネタ振りだとしてもです。そんな時間やエネルギーがあるなら、もっと他の謎を解決することに使ってもらいたいものです。読んだ方々が真に受けることなどないよう、願うばかりです。

仕事柄いろんなことを尋ねられるのですが、世の中には、何度説明してもまた暫く経つと同じようなことを訊いてくるような人が少なからず居ますね。おいおい、その疑問は以前解決したじゃあないか、と思うのですが。一つ一つ解決して前に進むということができないのです。また、その手の人々は概して頑固者で、一旦思い込んだ自説をなかなか変えようとしません。酒の席の世間話なら良いのですが、仕事が絡んでると非常に疲れますね。そのためにこういったサイトを用意して、自分で説明しなくとも済むようにしている、ということもあるわけです。

注意書きや説明書はよく読みましょうね。みなさん。
marcomusi at 19:17 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア〜音楽関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。