2004年10月25日

続「電車男」話

当ブログでも使用させていただいている Seesaa のランキング、堂々一位独走中ですのでご存知の方が多いでしょうが、一連の流れが非常に詳しく載っていて参考になるサイトです。→ 電車男の時刻表

電車男に関しては以前もここで書いたが、どうも勘違いされてる方が居るようなので再びオレ個人の意見を書いておきたい。オレは別に電車男の話の真偽や、その話を読んで感動している人たちについて、どうこう言ったりしてるのではない。上のサイトでも触れているとおり、それで浮かれているメディア関係者や周辺部位の人々について胡散臭いと言っているのである。ここまでくるとハプニングではなくプロジェクトだ。だいたい大手出版社ともあろうものがネットに題材を求めて、まとめサイトまんま本にして出版してしまうと言う、その激しくプアな発想はなによ?ほかにやることないのかね。

先日 LiveAid について「ああいうことはロックのやることではない」と書いたけど、確かにそのとおりではあるのだが、あのイベントのおかげでチャリティとかボランティアに対して気後れしていた若者が、積極的に参加するようになったことは良かったんじゃないだろうか、とも思う。先日書いたことと矛盾するようだが、つまりオレ個人は好きではないが、そうした動きそのものは否定はしないと言うことだ。これはロバートフリップ氏も述べていることだ。一連のチャリティイベントに関するビジネスや周辺にうろうろする取り巻き連中は確かに胡散臭いものだが、そうしたイベントがあったおかげで、グウタラな若者が多数動いたのも事実なのだ。

だからこそ、メディアに携わる人々にはしっかりして欲しい。少なくとも一般人以下の発想ってのはやめて欲しい。というか、既にブログ界や2ch周辺では、ネットのおこぼれで食っているマスコミ、という見方が定着しつつあるよ。それが事実かどうかは別にして、多数のネットユーザが薄々そう感じマスコミを馬鹿にしているのは、各所の書き込みからも読み取れる現実なんだから。一般人以下の発想でヲタクにすら馬鹿にされているマスコミ。情けないです。


関連カテゴリ
メディア〜ネット・書籍化関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。