2004年07月27日

人は外見である

昔から散々言ってきたことなので
ご存知だと思うけど、
オレ達の間では、これはもう半ば常識となっている。

外見ていってもね。なんつんだろ。
ただの見た目じゃなくて、その人から伝わってくる全体の印象。
これが結局、その人となりを表してるってことなんだよね。
些細な顔の表情とか。動きとかだ。
ブサイクとか服が変とか、そういうことじゃないんだ。

よく「育ちが出る」っていうでしょ?
それに近いニュアンス。

今回ブログ選びのゴタゴタでいろんな経験をしたけど
やっぱり例外ではなかった感じですよね。

ネット上では顔が見えないから、
例えば文体とか、HPだったら、そのデザインとか。
コンテンツとかさ。
いろいろ判断するものがあるわけで。
やはりそれらは、その人(会社)を現してるんだな。
もちろんオレもそうだが。
あとは、集う人々や友達の傾向とかでも判るよね。

個人的な好みなんだが、
オレはスクリプトでごちゃごちゃしたページが大嫌い。
普段エロサイト対策で(笑)スクリプトやプラグインを切ってるから
そういうサイトに行くと、まずマトモに表示されない。
リンクも反応がなかったり。小窓がでなかったり。
もう散々なんである。
普通にすりゃ良いじゃん。普通に!

で、どうしても見たい場合は
しょうがなくスクリプトをオンにするのだが
マウスに星がくっついてきたり、きらきら雪が降ってたり
まぁ凄いやね。
そこまでして見せたいものなんてあるのか?と正直思う。

ハイジのサイトでヤギが跳ねたりするのは感動したけどな。
そういうのだったら良いけどな。

まー所詮好みだから、オレだって
「お前の歌がウザイ」と言われることもあるし
人の趣味にまでケチつける気もないが
つまり、そういうコンテンツやデザインは
その人そのものを表しているということなのだ。

デザインやコンテンツがゴタゴタしてるサイトの主は
そのまんま、本人もそういう性格だろう、と。
そう思って、ほぼ間違いないということですな。


今後、ネットサービスを選ぶ際の
参考にしていただければ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。