2005年05月17日

トラックバックで始まる変

いやホントは「トラックバックで始まる恋」がいいんだけど。


ともかくそれはひとつのTBから始まったんだわ。

TBしてくれてコメントも残してくれた彼。
おもしろいことたくさん書く人だなあと思って初めは好意的に見てたんだ。
でもね。その人のブログに出入りしてたり仲良くしてる他のブロガーってのが、
どうにもな人達(一部)だってことにだんだん気付いてね。

でも彼本人は変な人じゃないんだよ(少なくともブログ上は)。

そんな時どうしてます?

「友達の友達はみな友達」ってのは現実には成り立たないのかどうか。
森田一義ファンの方、回答プリーズ笑


オレ悩んだんだよ。
でもその人のブログに出入りしてる限りは、そのな人たちのことも当然目に入るわけさ。
もうね。何がって。ともかく。反吐が出るくらい
10年以上オレの周りでは見かけなかったしすっかり絶滅したかと思ってたyo今どきありえねえ!くらい

オレの性格から言って、そんなの黙っていられる訳がないしね。


だから今でも彼のことは嫌じゃないんだけど、
他の連中が目に入ってくるのが嫌なんで、そこへ行かないことにしたんだ。

それが前記事で書いた主旨のひとつなんだ(彼ではなく な人宛て)。


でもさ。
そもそも最初のTBが無ければ知り得るはずのない人だったんだよな。
彼もその知り合いたちも。
お互い知ることも無く、幸せにそれぞれのお花畑で楽しく暮らしてたはずなんだ。

そう考えると、ずいぶん罪作りなTBだったとも言えるんだな。これ笑。

まあ他人の事、とやかく言う筋合いでもないけど、
もし彼とリアルな友達だったとしたら「付き合う相手選べよ」って言うと思う。

あはは。自分で↑書きながらお茶噴いたがな。
アッチの友達も彼に「付き合う相手(オレ)選べ」って当然言うよな。
だいたい、とてつもなく大きなお世話だしな、これ。


でも下の記事のコメントでそれとなく書いたけど、
わかっててやってるだろ?って思ってる。
つまりオレは、彼の煽りに乗ったんだなってこと。

それも十分ありうる話だと思いつつオレは楽しんだけどね。

なーんて。

言うのは反則だったかな?



ps
変な人に向かって「ママー。あの人、変」って。子供かよオレは。
marcomusi at 18:58 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(6) | ネット関連
この記事へのコメント
この話はフィクションです。
Posted by mr at 2005年05月18日 17:58
ps
でも、わざとにしろそうじゃないにしろ楽しませてもらったし勉強にもなったんで。こっちとしては恨みとかは全然ないよ、とだけ言っておきます。
Posted by cms at 2005年05月19日 14:09
こんばんは。先日コメントいただいたシッタカブリのクレです。

同じ問題で別の視点から忠告受けた経験があります。(ちょっと外れたコメントですいません)

管理人である私にとっては、どんな人であれ(のぞくあらし)遊びに来てくれる方は「お客様」と考えて接待していたのですが、あるとき「あの一人の変な人を出入りさせることで、何人もの善い人が来なくなるかもしれないと考えたことある?」と忠告を受けたことがありました。
管理人として正常にサイトが運営できるように、人の出入りについても取捨選択するのは当然の仕事だと言われたのです。一理あるかもしれませんが、私にはその技量はありませんでした。

自分自身が嫌がらせを受けたわけでもない相手を追い出すように画策するって・・・

ただ逆に、関わり合いを持ちたくない相手が出入りしている場所は避けてしまいます。袖刷りあうと不快な気持ちにさせられるのがわかる相手とは、出会わないのは簡単な解決法かと思っています。そのために交流できなくなってしまう素敵な方には直接メール交流をするとかしてなんとかしのいでいます。
Posted by クレ at 2005年05月20日 00:03
こんな「変な」記事にコメントありがとうございます。嬉しいです。

私も多数のサイトに出入りしていましたが、Webマスターの方はみんな一度はそんな問題に遭遇するようですね。
実際一人追い出された方が居ましたが、それは管理人の対処ではなく、不快に思った住人の方々がみんなで文句を言ったので実現したようです(自ら去った)。
もう一人居心地の悪そうな方が居たのですが、その時は私がそれとなく良い方向へ誘導し、事なきを得ました。
そこの管理人さんもクレさんと同じように「どんな人であれ遊びに来てくれる方はお客様」と考えていたようですが、なかなか難しいものですね。

この記事では勢いで書いちゃってますけど、やっぱり自分と合わない場所からは、本当は静かに撤退するのがいちばん良いですよね。何か言ってしまうと必ず後味が悪くなります。しかも、言ったのに結局何も伝わってなかったことをあとから知ったりすると、激しく脱力しちゃいますし。
みんなが同じ考えだなんて逆に気持ち悪いんで、責めたりする気持ちはないんですけどね。
とかく目が行くのは自分と似ている人だったりするので(ネット実生活メディア問わず)、近親憎悪みたいのも沸くんでしょうねと思います。

>直接メール交流
これやりますよね。私の場合はMLだったのですが、付き合いを続けたいと思った方のアドレスだけ控えていきなり脱退しちゃいました。

ではまたです。
Posted by marcms at 2005年05月20日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


kiss
Excerpt: キスは好き。 とろとろとろけてく感じ。だっこしてチュ−なの。 抱き締めて、そしてキスして。 キスで濡れるんだよ、オンナノコは。
Weblog: sally's secret
Tracked: 2005-05-18 00:28

匿名の心理、実名の心理〜暴言の抑止力になるものは?
Excerpt:  書くときに実名やコテハンを明示すると、なぜ罵詈雑言の抑止力になるのか? ズバリ、私は「世間体」だと思う。この点についてブログ「綾繁重工杜内報」さんから、再度異なる意見が寄せられた。そこで今回は匿名と..
Weblog: すちゃらかな日常 松岡美樹
Tracked: 2005-05-18 03:04

読売新聞「ヒゲ記者」事件で考える匿名と実名の功罪
Excerpt:  JR西日本を恫喝した読売の「ヒゲ記者」が実名を晒された事件を機に、匿名と実名それぞれの功罪が議論になっている。記者の署名制度については前々回のエントリーでふれたので、今回はネット上における匿名・実名..
Weblog: すちゃらかな日常 松岡美樹
Tracked: 2005-05-18 03:04

「匿名」について考える
Excerpt:  最近(以前から?)ブログ町界隈で匿名の是非について議論されているようなので、久しぶりにブログについて考えてみた。  匿名による情報発信には大きく2つの評価があるようだ。1つは内部告発など「社会的にな..
Weblog: よろずもめごと論
Tracked: 2005-05-26 18:07

【匿名論争始末記】トラックバックスパムと議論の「呼びかけ機能」のあやうい関係
Excerpt:  匿名・実名論争では、ひとりでも多くの方に議論を呼びかけるため、私はスパムチックなトラックバックの使い方をした。批判を覚悟の狼藉だったが、幸い趣旨に賛同していただけ、たくさんのトラバと有意義なコメント..
Weblog: すちゃらかな日常 松岡美樹
Tracked: 2005-05-26 22:00

実名ブログか?匿名ブログか?
Excerpt: このブログも開設してから1週間が経ちました。最初は匿名ブログか実名ブログか迷いましたが、自分の行動や考えを語ることは経営者としての行動や考え方を語ることだと思い、若者ならそれなりの情報発信を試みようと..
Weblog: 我ら、地域の仕掛け人!
Tracked: 2005-12-01 12:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。