2005年03月25日

ライブドアになったら出ません

続々と著名人が「ライブドアになったら出ないよーん!」と言ってるわけなんだけど、それを見てオレはなんとなく メモライズ事件 を思い出していたわけだ。
いきなりどこの馬の骨ともわからんやつに買収され「お前の店は今日からここだ」と言われた。その場所を見てみると、とてもじゃないが落ち着いて店出せるようなところじゃない。しかも欠陥、不具合だらけの店で、その対処に日々追われ散々な目にもあった。新しい大家に何度掛け合っても返事ももらえなかった。「勘弁してくれよ」とオレはそこに脱糞し去ってきた。
そういうオレからすると、それがプロとしての発言なのかどうかは置いといて、気持ちは痛いほどわかるんだな。確かに だよ笑。

前回書いた記事で「ニッポン放送はライブドアにナメられてたんだろう」と書いた。そういう意味で言うと、メモライズ管理人さんには申し訳ないけど、メモライズも激しくナメられていたってコトに尽きるでしょうな。あの扱いを見ると、はっきり言ってユーザはどうでも良かったとしか思えない。5万人の顧客をただ物として貰っただけなのだ。他の例えば「したらば」とかそんなのと違い、メモライズってのはユーザ同士の絶妙な繋がりがあった。濃くもなく薄くもなく。その辺の微妙さが実にありがたかった。なんとなく落ち着くなーという場所だったなとしみじみ思う。
メモライズ譲渡条件はどうだったのか、知る由もない。だが、後の元管理人さんのコメントやライブドア側の対応を見ると、丸投げだったんだろうなという気はする。ドナドナじゃないが、オレ等は子牛のようにただ売られてしまったのだ。会社なんてそんなもんだよな。だからこそ自分の足で立てねば、と今思うのであって、稀有な経験をさせてくれたメモライズとライブドアには感謝せねばなるまい(半分皮肉)。

さてと。話は長くなったがオレ等はインターネットでただ日記を書いていた素人だよな。同じような次元で「ライブドアになったらラジオに出ないよーん」なんてプロの人が言ってもいいのか。この意見はネット上でも実に多いですね。前回も書いたことだけど、その気持ちはわかるけどその訴え方ってどうなのよ?とは思うよ。とりあえず堀江氏的には、こういうのは最も嫌いだろうと思うし、世間的にもあまり有効だとは思えない。

しかしたとえばアーティストには、来たオファーを断る権利も当然あって、昔の羽賀研二じゃあるまいし、来た仕事をすべてなんでも請ける義務はない。自分のイメージやポリシーにそぐわない場所で無理にやる必要などないのだ。そういう意味から言うと「ワシはあの会社の映画には出んぞ」というのも全然ありでしょう。
のちのち堀江氏が大化けして超メディア王にでもなり「しまったー。あの時請けときゃよかった…」と後悔することもあるかもしれないけど、それは彼等個人個人のアーティストとしての責任ってだけで、別に第三者がどうこういう問題じゃない気がする。擁護する側は「お世話になった人が大変だ。むかし受けた恩は返さなきゃ。」って気持ちなだけで他意はそれほどないと思うな。
タモリ氏にしても今後の人生がそれほど残っているわけでもないし(失礼)、無理に嫌な仕事やる必要などないだろ、という判断でしょう。みんなただ個人のアーティストポリシーを述べているに過ぎないわけですな。

ただ、当事者である社員の発言もそのレベルってのは、やっぱり「どうなの?」だし、そんなことをみんなに言われてしまう会社ってどうなのよ?とも思う。なんだか「情けなー」な気分になります。しっかり亀渕さん!

…ってやっぱりつい言いたくなってしまうな。これ。笑
この記事へのコメント
TBさせて頂きました。
Posted by hbikimoon at 2005年03月26日 05:34
>しかしたとえばアーティストには、来たオファーを断る権利も当然あって、昔の羽賀研二じゃあるまいし、来た仕事をすべてなんでも請ける義務はない。

このことをわかってない、あるいはわかろうとしない人が多いみたいですね。「お客様は(株主様は)神様」という考えを原理主義的に押し付けられるのは怖い。

TBさせていただきました。
Posted by 玄倉川 at 2005年03月27日 05:44
いつもありがとうござます。
タモリ氏への熱い想い、感慨深く拝見しました。

今回思ったのは、恐らくほとんどの方は
このタレントさんたちが
どういう人で何をやってきた人なのか
よく知らないんだろうな、ということです。
それぞれのキャラを知っていれば
さもありなん、と思うこともあるでしょう。

対象をよく知らずに意見を言う。
自分もついついしがちなことです。
気をつけたいですね。
Posted by marcomusi at 2005年03月28日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


05/03/24 livedoor VS CX&LF NEWS LF番組降板者相次ぐ
Excerpt: 東京高裁がニッポン放送の新株予約権発行を差し止める決定を下し、発行中止が決まったばかりの23日、ニッポン放送の番組に縁の深い中島みゆき、タモリなど複数の出演者が、ニッポン放送の経営権がライブドアに移っ..
Weblog: 上戸・あやや・大塚愛ファンの妄想日記
Tracked: 2005-03-25 08:22

つけあがるな! タモリ、江本がニッポン放送降板を示唆
Excerpt: 東京高裁の決定を受けてニッポン放送の新株予約権発行は差し止められることとなりました。これを受けて、タモリ、江本、中島みゆき等がライブドアが経営に参画するならばニッポン放送の番組の降板や出演拒否を示唆し..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-03-25 10:24

好き勝って言うのはみんな同じ
Excerpt: こんなニュースが流れています。「出演拒否:中島みゆき、ライブドアのニッポン放送買収で」(毎日MSN)野球解説者の江本盃紀さんや脚本家の倉本聰さんは割と早くからライブドアが経営権を取ったら番組を降りると..
Weblog: ナムさんの雑文集
Tracked: 2005-03-25 11:45

ライブドアピンチ タモリら番組降板か
Excerpt: ここでライブドア関連の記事をエントリするのは初めてですが、 わたしなりには色々考...
Weblog: スズ風呂
Tracked: 2005-03-25 22:01

■ニッポン放送社員の皆さんへ:ラジオを愛していますか?■
Excerpt: 時事通信社(2005年03月19日)によると[http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1040693/detail 「フジサンケイグループが、ライブド..
Weblog: 世の中不思議で面白い
Tracked: 2005-03-26 05:33

今日の日記・雑感
Excerpt: エモやんこと江本孟紀氏の「ホリエモンなら解説やめる」発言について、あちこちのブログを読ませていただいた。多かったのは、「辞めたきゃ辞めろ、誰もお前に残れとは言ってない」という主張。 辞めようとしてい..
Weblog: 猫並の日記帳
Tracked: 2005-03-26 14:21

タレントはファンを大事にする義務がある     …のか?
Excerpt: ネットの楽しみは、自分が思いもよらない考え方に出会えることにある。 以下に引用させていただく文章も、私にとってはそういう種類のものであった。新たな考え方を示してくれたvirtual-lifeさんにまず..
Weblog: 玄倉川の岸辺
Tracked: 2005-03-27 05:41

ネットの隆盛は時代の流れ。
Excerpt: ライブドアが、カブログの営業権を取得しました。私が、このランキングに参加したのは、昨年の11月です。当時は、まだ20ほどのブログが集まった個人のリンク集という感じでした。ライブドアが「したらばBBS」..
Weblog: Espresso Diary@信州松本
Tracked: 2005-03-27 14:24

文章を書く上で…
Excerpt: ←クリックをよろしくお願いいたします。  文章を書く上で、私は常にいくつかのレファレンス(参考文献)なり、他の方が書かれたblogの記事を読んだりする。自分の考え方は本当にあっているのだろうかと..
Weblog: さわの多事多事論
Tracked: 2005-03-28 03:02

ニッポン放送を避けるタレントたち
Excerpt: ライブドアの経営するニッポン放送に出演をしない方針を表明する声が聞こえてきた。 ”情”だけで出演していたのだろうか? 以前から芸能界とは生産性の低そうな世界だと思っていた。そう言った意味で改革が必..
Weblog: なんか面白い事な〜い?
Tracked: 2005-03-28 17:16

ライブドアが参画するとフジテレビ・ニッポン放送はどうなる?
Excerpt: フジテレビが番組でメルゴングを使い一般視聴者に「ライブドア経営でニッポン放送の番組はうまくいくのか?」との問いかけをしたところ「つまらなくなる」「変わらない」を越えて「面白くなる」がトップだった。 ..
Weblog: 自動車部的自動車論
Tracked: 2005-03-30 14:20

「答え」を振りかざしたオウム。そしてほりえもんさん
Excerpt: 「答えを教えてあげるよ」。結論を先に言えば、ほりえもんさんがオウムに近いのはこの一点だ。だから切込隊長の俺様キングダム「ライブドア騒動と、オウム真理教事件が構造的に酷似している件について」は微妙に空振..
Weblog: すちゃらかな日常 松岡美樹
Tracked: 2005-04-03 05:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。