2005年03月24日

ニッポン放送はライブドア堀江氏にどう見られているか

高裁の新たな結果を受け、インタビューに答えたりサイトで声明を発表したりという形でニッポン放送関係者の方々のコメントが出ていましたが、一言で言うと「う〜ん…」。

まず堀江氏には、ニッポン放送に対するリスペクトがない、と言っている方が多いんですが。そら、そうでしょうよ。あったら最初にあんなことしてないでしょうし。ニッポン放送の番組を堀江さんは少しでも聴いてくれたのか?とか。うーん。多分興味ないと思うけど。
つまりバカにしてたんですよね。逆に言うとニッポン放送がなめられてたんでしょう。ただ、働いている方々がみんな居なくなる、という動きは堀江氏も想定してなかったかもしれない。ただのハコ買ってどうする?大変ですよースタジオは。なんならオレが手伝いましょうか?(笑)

今までいろいろ堀江貴文氏理論について書いてきました(オレの考えは ここここ でまとめてあります)。こういう考え方の人の特徴のひとつに、年上の人を年上であるという理由だけではリスペクトしない、というのがあります。当たり前だと思うんだけど、なかなか理解してもらえない考え方ですね。
たとえばオレなんか、音楽はほとんど洋楽ばかり聴いて育ってきました。テレビも洋物。映画もそうですね。だからやはり国内のそういうもの全般は、洋物の二番煎じでつまらない、とバカにしていました。そう思って長年生きてきたのに、急にその世界と関わりを持ったからといって、手のひらを返したようにリスペクトなんかできません。なので、なるべくその辺は触れないように、上手く避けながら生きていくしかないんですな。そのうち世代も入れ替わって自分たちの時代が来るし。

ところがこれ、実際に現場の人たちと触れ合うとそんなこと言えなくなってしまうのです。なぜなら、そこに居る人個人個人はみんな良い方々ばかりだからです。メディア、というと何か得体の知れない怪物みたいでウザイ感じがするけれども、開けてみればみんな人ですからね。例えば普段、警察はウザイとか思っていても、実際に警官の親友が自分に居たらどうでしょうか。警察ウザイ、とか気軽に言えなくなるんじゃないかと思います。選挙でもそうですね。普段自民党ウザイ、とか思っていたが大学時代の親友が立候補したので応援することになってしまった、とか。ネットでもそうですね。それまで緊張感のある議論が続いてきたのに、オフラインで逢ってしまって、以降馴れ合いになってしまった、とか。

今回、あちこちから出てきたニッポン放送関連の方々のコメントは、その辺の感情を上手く刺激するようにできてるんですな。だからオレは見てすごく姑息に感じましたよ。普段はそういう面を出していないくせに、こういうときだけ使うのか、と。あなたたちは 空腹のときだけ甘えて寄って来るネコ なのか、と。亀渕さんからしてそうですね。あの訴える姿はどこか胸を打ちますよ。実際あの方が上司だったとしたらオレだって応援してしまうかもしれません。そういうことからして既にメディアによるフェイクなのですよ。自身がメディアとして有利な情報をフェイクして流している。
こういうものが最も堀江氏の嫌うものでしょうね。こんなことをする放送局だ、リスペクトなどできるわけがない、って感じでしょうね。

ところで、興味が無く聞いてもいないのにバカにしたりなめたりできるのか。

テレビ等でも報じられていたのでご存知の方も居るでしょうが、実は以前の株主総会でこんなことがあったようですホンゴー侍さんより)。
オレは株のことなど素人以下の人間ですが、それでもこの議事の進行はひどいだろ、と思いますね。大人が問答無用で子供を追い払うようなやり方そのものです。ニッポン放送(亀渕氏)からすると、文句があるならウチの株買うなよ、ってとこでしょうかね。どこかの掲示板の管理人も「文句があるなら書くな」と言ったという噂がありますが、まあそれに近いのかもしれません。ともかく、これで相手を怒らせてしまったというか、その気にさせてしまったんでしょうね。

そうでなくても、ニッポン放送の電波は都内でさえ届きにくい、とか目に見える形での情けなさもあります。確かにおもしろい番組は多かった。しかし地方はネットしてないとか、都内でも聞きづらいとか、リスナーのことを本当に考えているんだろうか?と思うことも無いとは言えなかった。実際オレなんか地方に居てニッポン放送を聴けない時期が長かったし(他のラジオ局はネットされてた)、東京に来てもニッポン放送だけ入りは悪いし、弱小ラジオ局だと本当に思ってましたよ。
それでも、優秀なスタッフの方々やニッポン放送を愛してくれる人々に支えられてなんとか続けてこれたのだな、と今ならわかります。しかし現状を見ると、それに甘えるあまり努力を怠ったのでは?と訝るのも、ある意味当然じゃないかとも思えるのです。

みんな言ってますけど、結果はどうであれ、いろいろ考え直す良い機会にしてもらいたいな、と。心から思いますよ。


-追記-
心の所有者はみなさんです。by 堀江貴文

…と(この応答の意訳)。
なかなかいいフレーズを考えましたね。誰かの入れ知恵があったのか。いずれにせよ堀江氏理論が一般にも理解しやすくなったでしょう。後出しっていうのもなかなか知能的。その気持ち、オレはよくわかりますよ。


-追記2-
更に後出しな人登場。ソフトバンクかー。
堀江氏みたいな行動をしている人の場合、どこにも拠り所がないから、自身がよほどしっかり完璧を期してなきゃいけない。じゃないと今回みたいにいきなり持ってかれちゃうこともある。その辺がオレがここ10年で勉強した部分。その辺はこの一連の話をまとめるときにでも改めて書きたい。
まぁ今回の場合はまだ何かウラワザがあるのかもしれないが。ともかく堀江氏にもがんばって欲しいですな。
この記事へのコメント
南関東で受信しづらいのは、
QR>RF>LF くらいだと思います。

QRは海外局(韓国MBS?)との混信が激しい上に、運が悪ければKBS京都とも混信します。RFは横浜ベースなので元々都内での感度は期待されていません。で、比較的ですが、LFはTBS並みの受信感度を取れると思うのです。

とここまで書いて思ったのですが、ニッポン放送(JOLF)とアール・エフ・ラジオ日本(JORF)をお間違えになってませんか? LFの番組は他局ネットも珍しくありませんし、RFは免許上では神奈川県県域局なので、都内で聞けないと言われても文句の言いようがありませんし。
Posted by gtk at 2005年03月28日 18:31
古い記事にTBしてすみません。
acoyoさんのところから漂着しました(^^;
マスコミの報道のズレ方(核心からの)がヘンだとは感じつつ、何がヘンなのかうまく表現できない自分が情けないです。
Posted by rabbitfoot at 2005年05月08日 00:54
コメントありがとうございます。

堀江氏の考えは、ここ↓でも書きましたが
http://marcomusi-blog.seesaa.net/article/2133547.html
すごく単純で分かりやすいですよね。あと堀江氏は、自分の言葉を理解しない人に対して「馬鹿だなあ」と思いながら話していると思う。だから通じないというか。初心者に対する話し方じゃない気がする(笑)。もっとも、自分に取材したりインタビューする以上、それくらいは事前に調べるのが当然だろ?と思う彼の気持ちも分かりますけどね。
結局みんな深く考えすぎな気がします。だから振り回されちゃうんだろうなと思う。

既存メディア&マスコミにとっては、堀江氏の言動は「ハァ?」だけど、その意味が判らないという時点でメディアさん側はちょっとまずいわけで、もうちょっと危機感(自らの存在の)持ってもよかったんじゃないか、と今思っています。そういう意味では、普通の方々のほうが普通に違和感に気付いてますよね。

まあこちらに見えてこない部分でメディア側も密かにいろいろやっているかもしれませんね。10年後は今とは変わっているかもしれません。

またヨロシクです。
Posted by marcms at 2005年05月08日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


フジテレビはニッポン放送社員にアンケート取材
Excerpt: 東京高裁、ニッポン放送新株予約権発行差し止め ニッポン放送社員がメールで本音寄せる [24日0時17分更新] 社会ニュース(FNN)一覧 上のリンクはフジテレビの動画ニュースである。これ..
Weblog: のら猫アフィリエイト
Tracked: 2005-03-24 08:08

不満を叫ぶよりも出来ることを
Excerpt: ニッポン放送の社員や女子アナの態度は、スポーツ選手が次期監督が発表された途端に、何も始まる前からプレーの放棄を宣言するのと変わらない。 これは理解を得られるのだろうか。
Weblog: ツインターボ新米社長日記
Tracked: 2005-03-24 08:56

ライブドア事件@決定文
Excerpt: ←クリックをよろしくお願いいたします。  ライブドア事件の高裁決定を決定文(要旨)を中心に考察していきたいと思います。決定文を読んでの第一感想。当然の決定かなと思う。そして『裁判所が判断できるも..
Weblog: さわの多事多事論
Tracked: 2005-03-24 15:24

ホワイトナイト現る?
Excerpt: ←クリックをよろしくお願いいたします。  ニッポン放送所有のフジテレビ株式を貸し出す形で焦土作戦を結構。その引き受け先がソフトバンク。そしてソフトバンクがフジテレビの筆頭株主となる。  この報..
Weblog: さわの多事多事論
Tracked: 2005-03-24 17:30

大人になったホリエモン
Excerpt: ホームページ制作 昨晩のニュース、今朝の新聞の話題はやはりライブドアでした。堀江社長の会見を見ていましたが「ラジオは素人。教えてもらいたい」という発言をしていました。どうした..
Weblog: ガ島通信
Tracked: 2005-03-24 17:50

わけわからん(孫さんの狙い)
Excerpt: MSNニュースに「フジテレビ株:ソフトバンクが筆頭株主に ファンドも設立」とでま
Weblog: 時事を考える
Tracked: 2005-03-25 09:13

「みんな、ナメられてるんだって」
Excerpt: 堀江社長に海外も注目 「新時代の日本人」「楽観的すぎ」  〔アサヒコム〕 テレビは、昨日の堀江社長の外国人記者クラブでの会見を、生中継したり、冒頭の「うまいとは言えない英語」の挨拶のシー..
Weblog: 二条河原落書
Tracked: 2005-05-08 00:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。