2005年03月02日

中川早紀さんが大変なことになっていたらしい

最近、堀江氏とLivedoorの話ばかり書いてたので、ちょっと息抜き。

全然知らなかったんだけど、さきっちょさんの周りでいろいろあったんですね(ダメ東大女子の備忘録さんビタミンXさん。とっても詳しいです)。オレももちろんブログの企画の事は知っていましたが、「おもしろいことやってるなー」と微笑ましく見ていただけなので、最近の動きを知らなかった。なんかいろいろあったみたいですけど、でも、さきっちょさんテレビでてる人じゃん!企画も何もないと思うんだけど。こっちもある程度判った上で、みんな楽しんでたんじゃないんでしょうか。よくわかりません。

さきっちょさんのレポートっておもしろいんですよね。ウチは静岡のテレビは見られないのですが、ある人の関係で彼女や千里さんの出演する番組は時々見させてもらってるんです。あのブログの企画見て、彼氏がいないって?嘘じゃない?とか一瞬思いますけど、テレビでの弾けっぷりレポート見ているとありえるかも?と思えて、なかなか楽しめたです。

で、あいかわらずの書籍化問題。なんと連絡なしプレスリリースだった、と。
追記そうではなかった!という訂正がご本人様から入りました。でも、どっちにしろさきっちょさんは知らなかったのでは?
それにしても fko116212さん からのTBが 10個というスパム状態。だからライブドア・ブログなんか辞めろと(略

追記の追記
3者連名のコメントが出てます。




こういうのって、相手を信じよう信じよう、と思っても、次から良くなるだろう、きっと次から…、と思っても、ことごとく裏切られるんですよね。

オレも本当にいろいろありましたよ。全てに共通しているのは「本人には悪気が無い」ってコトでした。自分がやっていることがマズイことかも?という意識そのものがまったく無いのですよ。まあ今回は「大学生のバイトの子」みたいな感じだから、なんとか許す気持ちにもなれたのでしょうけど、ちゃんと業界でしっかり生きてきた人たちも、同じようなことを平気ですることがありますからね。アンタわざと?と思うことも。

このときに得た教訓は、まず自分がしっかりしてなきゃ絶対にダメ!でした。相手がその業界のプロだと思っても、絶対に任せたりせず目を離さないこと。人間は間違ったり勘違いしたりする生き物なのですね。ハイエナみたいに相手がコケるのを待っているのではなく、こっちも積極的にどんどんモノを言うことが重要なんですね。

誰も信用できない、という絶望的な話ではなく、自分のコトは自分にしか判らないのだから、誰かを当てにして生きていてはいけない、っちゅう話です。


ログの書籍化の話もあいかわらずのようです。ヒトヨニさん頑張ってほしいですけど、出版社側は「あいつ等メンドくせえなー」と思ってるだけなんだろうなあ。反「既製社会」派の人々が堀江氏を応援したくなる気持ちもわかるよな。


追記
さきっちょさんの情報はおなじみR30::マーケティング社会時評さんからのものです。いつも感謝いたしております。それにしてもこの方は守備範囲が広い、というか、たまたまオレと趣味が被っている、というか。目が離せないですね。これからも是非頑張ってほしいです。
この記事へのコメント
ほんと、同感です。
「まだ学生だから〜」で片づけては当事者に失礼がなと思いますが、そんな風に感じるのも事実。
これからどんどん経験積んで大きくなってくれる事を願います。
Posted by かお at 2005年03月04日 13:18
タイプミスしちゃいました。
「失礼がなと思いますが」→「失礼かなと思いますが」です。すみません。
Posted by かお at 2005年03月04日 13:20
ありがとうございます。

そうですね。
これから社会に出る人は、今のメディアのような
厚顔無恥の道筋を歩んで欲しくはないと思います。

細かいことでいろいろ面倒でしょうけど
がんばってクリアして行って欲しいと願いますね。
Posted by marcomusi at 2005年03月04日 14:30
トラックバックと重複してしまって申し訳ないです。概要に長い文章打つと全部表示されないんですね。多重投稿、すいません・・・。

こういう事件もあったのですね。企画先行で書籍化まで決まってしまったら、なにか裏があるのではと思ってしまうのも、わかる気がします。ただ、それは思い込みや憶測に過ぎない場合もありますね。もちろん、ネットに情報を書く時はそういうことも考慮しないとダメです。極力、私も事実とそれを元にした考察や感想しか書きたくないですが、事実が分からない場合に憶測や推測から攻めて行かないとならない場合も・・・。電車男に関してもそうです。ネタガチも出版の経緯も、情報が錯綜し真実がゆがめられてますからね。
ちなみに、2ちゃんねるプラスVOL.11によると幻冬舎も電車男書籍化に手を挙げていたようです。ライブドアと幻冬舎の書籍化第一弾が「悪あが記」・・・。電車男を追随しすぎでは?
それにしても、素人の恋愛を売り物にするのはやめてほしいですね。
その時はいいかも知れません。終ってしまった後は何が残るのでしょうか?
相手を大事に思うのなら、恋愛をお金に変えるようなことをしないはず。でも、世の中そういう風には出来てないんですね・・・。

話がそれたような気がしますが、電車男の問題はそろそろけりを付けたいところ。一周年が近いし、新潮社にブログが発見されたし・・・。
Posted by ヒトヨニ at 2005年03月12日 03:50
おそくなりました。すいません。

日経消費者フォーラム行かれたんですね。
潜入記も読ませていただきました。
質問されたんですね。おつかれさまでした。

幻冬舎の件は初めて知りました。
そうだったのか…。
なにかあるような気もしますね。
今の段階ではなんともいえないけど
後々ひと悶着起こるかもしれませんね。

面白い話をありがとうございます。
またがんばってください。
Posted by marcomusi at 2005年03月16日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ブロガーの自己プロデュース失敗例
Excerpt: 去年、クリスマスまでに彼氏をゲットするという企画ブログ「♪さきっちょ&はあちゅう♪の悪あが記」を書いていた女子大生2人組のうちのひとりがいろいろあって「いい女塾」というブログイベントを新たに始めたこと..
Weblog: 小林Scrap Book
Tracked: 2005-03-02 12:07

ライブドアが書籍化する第一号ブログは「♪さきっちょ&はあちゅう♪の悪あが記」
Excerpt: 幻冬舎と合弁で出版社を設立し、ブログの書籍化に乗り出すライブドア(「ライブドア、幻冬舎との合弁で出版社を設立??ブログを書籍化」)。 注目の書籍化第1弾のブログは、女子大生「はあちゅう」と「さきっちょ..
Weblog: ビタミンX
Tracked: 2005-03-02 12:46

「はあちゅう騒動(ブログの公共性の原則)」について考える。
Excerpt: KJ関連で本人に近い所にいるので,あんま突っ込んだ事は書けないけど,あのブ ログ...
Weblog: ひでログ@人生も体重も色々。
Tracked: 2005-03-03 13:23

【緊急】漏れが悪あが記のプレスリリースをした件について【速報】
Excerpt: 私が悪あが記のプレスリリースを出した件に関して事情説明を求める声が出てきたっぽいので、一応、コメントしときます。
Weblog: ニート原理主義国家 神聖つぼいキングダム
Tracked: 2005-03-03 22:07

さきっちょ&はあちゅう炎上の私的なまとめ
Excerpt: 新しい動きが増え次第更新する。予定。たぶん。おそらく。知らないけど。 当該エントリー 告知〜いい女塾〜 (♪はあちゅう(&さきっちょ)♪の悪だくみ) 2月15日にUPされ、現時点で60..
Weblog: 我が逃走
Tracked: 2005-03-04 03:47

さきっちょ&はあちゅう、そろそろ悪あがきは思い出にしたらどうかね。
Excerpt:  さて、さきっちょ&はあちゅうの人気ブログが激しく炎上している。この件については、はあちゅうが知り合いという事もあり静観を決め込んでいたが、さすがに自体が変な方向に向かっているので筆を取ってみた次第。..
Weblog: 新・むらい。ブログ
Tracked: 2005-03-04 16:28

映画版悪あがき
Excerpt: はあちゅう:広末涼子 さきっちょ:仲間由記恵 むらい。:谷原章介 つぼい:田中直樹(ココリコ)
Weblog: 新・むらい。ブログ
Tracked: 2005-03-07 17:04

さきっちょ&はあちゅうへの批判は威力業務妨害?
Excerpt: 論争元はこのブログ
Weblog: 新・むらい。ブログ
Tracked: 2005-03-07 17:13

前略 ビルの上より(一世風靡とは関係ありません)
Excerpt: こういう事件もあったのですね。企画先行で書籍化まで決まってしまったら、なにか裏があるのではと思ってしまうのも、わかる気がします。ただ、それは思い込みや憶測に過ぎない場合もありますね。もちろん、ネットに..
Weblog: とるにたらない人生
Tracked: 2005-03-12 03:33

さきっちょを丸裸にしてみました(笑)
Excerpt: さきっちょがどこに就職しているのか、ごくごく1部で話題になっているようですが、四角い頭を丸くすべく、簡単な解決方法を教えます。それは・・・ 「ライブドアパブリッシングに電話をかけてみる」 ..
Weblog: お笑い@サプリッ!
Tracked: 2005-05-26 00:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。