2005年02月08日

ログの書籍化 2

皆さんご存知でしょうが 2chログの書籍化について がおもしろい展開になって来ています。現在は Part2 になり続いています。

既に2ちゃんねるの投稿確認も変わっています。

投稿確認
・投稿者は、投稿に関して発生する責任が全て投稿者に帰すことを承諾します。
・投稿者は、話題と無関係な広告の投稿に関して、相応の費用を支払うことを承諾します
・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき、掲示板運営者及びその指定する者に対し、これらを日本国内外において無償で非独占的に利用する一切の権利(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)を許諾することを承諾します。また、掲示板運営者が指定する第三者に対して、一切の権利(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)を許諾しないことを承諾します。
・投稿者は、掲示板運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

以上、リアルタイムで密かにウォッチングしてましたが、なんかどんどんハマっていってないですかね?ひろゆき氏や彼に賛同する人々は「追い込んだのはお前らだろ」と言いたいところでしょうが、追い込まれるようなことに追い込んだのは(笑)彼等や出版社のほうですからね。ただで拾った物を売るような商売は、そうそう続くはずはないんで。昔の写真週刊誌事件(ビートたけし氏による襲撃事件)を思い出します。行き過ぎた取材を繰り返し報道の自由を振りかざした結果、その行き過ぎ具合を国会や法廷で揶揄され、逆に墓穴を掘ってしまいました。

個人的なことですが、オレは昔、拾った自転車を乗り回していて警察に連れて行かれたことがあります。職質とかそういうことではなく、アパートの部屋まで警官が3名やってきてパトカーに乗せられ警察署まで行ったのです。署で「これは占有離脱物横領罪という罪ですよ」と説明を受けました。幸い前科にはなりませんでしたが、一歩間違えば危なかったわけです。

おなじみの電車男の時刻表さんで触れられていますが、あくまでお目こぼしと善意(というより小心者なので言い出せないだけ?)があるが故に成り立っている商売だということ。これを出版社側には忘れないでいて欲しい。せめて一握りの後ろめたさくらいは感じて欲しいと思います(これって実は Bootleg と同じですよね)。

毒男とは別に、もうひとつスレッドの書籍化の計画があったようですが、これは中止となったようですね。とりあえず賢明だったのではないでしょうか。

全てに言えることは「たった一言あればよかった」。
誰も著作権を主張したり分け前をよこせと言っているのではないと思います。ほとんどの事例は出版メディア側が「この掲示板のログを書籍化することになりました」とか、たった一言断りを入れれば済んだ話だと思います。それをあえてしないのは、2chの場合は前述の投稿確認でも判るように「それは折り込み済みの話である」ということでしょうが、出版社側は「名無しや匿名でネットに書き込んでいるような人たちに許可を取る必要などない」という考えが根底にあるような気がしますね。本来ならば、たとえ西村博之氏(2ch)が「許可を取る必要はないですよ」と言ったとしても、出版社のほうが「いや。一応こういうことはちゃんとしておきましょう」というのが筋だと思います。

オレは昔は性善説な感じで生きてきた人間なのですが、ここ10年くらい、そんな考えでは世の中は通用しないと思うようになりました。今回の書籍化の話も、黙っていたらどんどんエスカレートしていったと思いますね。ネット上で様々な人が声を上げ、状況を変えて行こうと頑張っているのは良いことだと思います。

引き続き見守っていきましょう。


- おまけ -

電車男がついに映画化です。「◆主宰者に許諾」とな?
こうなりゃどんどん行くところまで行け。相手が大きければ大きいほど議論し甲斐があるってなもんです。
この記事へのコメント
お尋ねしたいのですが、占有離脱物横領で前科にはならなかったとありますが、処分はどうなったんですか?前科にならないということは始末書扱いか微罪処分ですか?
近日友人が同じ罪を受けたそうですが処分がどうなったか分からないそうで不安に感じているようで何か分かることがあれば教えてください。
Posted by さやか at 2005年05月03日 13:31
書き込みありがとうございます。

>始末書扱いか微罪処分ですか?

かなり大昔のことなんでよく覚えていないのですが、そんな感じだと思います。「もう絶対しません」と誓約書を書いたかもしれません。初犯ならその程度ではないでしょうか。法的に扱いがどうなっているかは、もっと詳しい方に聞いたほうがいいと思いますよ。

ではまたです。
Posted by marcms at 2005年05月03日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1875557
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。