2005年01月09日

「冬のソナタ」に地震情報テロップ 〜 その2

前回書いたことだが補足しておきたい。

多くの人々にとっては、くだらん映画やクソドラマよりもニュースや地震速報のほうが大切だろう。それが一般常識というものだ。オレもそれを否定しているのではない。地震や自然災害の情報、ニュース速報は大切である。不要とは言っていない。それをBSで作品に載せて流す意味について問うているのだ。

BS放送のそもそもの意義というのは、遠隔地や受信状態の悪い地域でも綺麗に見られるというのものであった。つまり地域によっては、地上波に替わるものという位置づけなのである。そういうことならば扱いも地上波と一緒、これは理解できる。
BS放送の特徴はそれだけではなかった。画質が良く、映画や音楽番組、ドラマといった娯楽作品の放送にも適している、という面があり、NHK側もそういった側面を強調し宣伝していた部分もあったと思う。
ご存知のように、メディア放送する映画やドラマは、そのメディア側、例えばこの場合はNHKが放送する権利を所持している(筈です)。その権利を抑えられている以上、視聴者側は選択肢がない。全て相手の言いなりで言い値。つまりすべてNHK側の都合のみで決められるのである。
前回も書いたように、NHKは文化に貢献しているというような態度を日頃示していながら、その供給方法は全く文化的ではないどころか、激しく製作者や視聴者を見下したものとなっているのである。
BS放送というものが先に書いたような位置づけの放送である以上、この問題の解決は無理だと思う。だから前回の記事で書いたように、別チャンネルの開設、或いは別な供給方法を早急に考えるべきなのだ。恐らく膨大な費用がかかるだろうが、昨今話題の不正流用資金でも使えば一挙解決するだろう。
ケーブルやCS、デジタル放送などを見ている人は「そんなものは当に実現されている」ということだろう。もちろんそのとおりで、オレ自身もそれらを楽しんでいる。問題なのはNHKが放送する権利を持っている作品なのだ。あんたらが抑えている限りは、使用は自由にならない。「冬のソナタ」もしかり。以前書いた「東芝EMIに於けるビートルズ」しかり。だからこそしっかりして欲しいのだ。

紅白歌合戦の視聴率低下でもわかるように、全員が同じ趣味で同じものを見るというような時代は終わった。これから必要なのはジャンルを細分化したチャンネル設定だよ。
…ってさ…。書いてて恥ずかしくなるような、10年以上も前から散々言われていることなのだが。いったいこの間、何やってたの?>NHKさま。
marcomusi at 18:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | メディア〜テレビ関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


NHK反転攻勢!?
Excerpt: NHKオンラインのほぼトップに朝日新聞報道問題というコーナーまで設けて「公開質問状」を突きつけている。 質問の中でもビッグウエイブを形作っているのは「御社記者の取材について」と小見出しを打たれた質問..
Weblog: 愛と妄想の日々。
Tracked: 2005-01-29 13:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。