2004年12月22日

ペヤング超大盛やきそばの謎

カップめんマニアの心を捕らえて離さない永遠の逸品ペヤングソースやきそば。この製品の超大盛が出たと聞いて、いてもたってもいられなかった人は多数いたことだろう。かくいうオレもその一人。噂を聞いたその瞬間から、絶対食わねばならない!と思い込み、実際に手に取るまでの数日はまったく落ち着けなかった。コンビニではじめて見たときのインパクトは凄かったね。大きさが倍!どどーんと広く陳列棚の場所を占有している。これを食わずにカップめんマニアとは言わせないよ?ってな感じで、強烈な存在感をアピールしているのである。

さて、このペヤング超大盛やきそばでおもしろい経験をしたので書いておきたい。

コンビニで見かけて即購入。早速お湯を沸かし、ドボドボ注ぎ、3分間待ち、お湯を捨て、ソースをかけ、よく混ぜて食った。以上、まったく通常通りいつもどおり食った。ところがこのペヤング超大盛やきそば、恐ろしく激ウマだったのである。本当に声を出したほどだ。「すっげえウメエ!」。通常の2倍の麺の量だというのに、あまりの美味さで瞬く間に平らげてしまった。そして思ったのは「そうか。超大盛り化と共に味も工夫したんだな。さすがペヤングだぜ」ということ。この感動をみんなに伝えねば、と思ったオレはあちこちで「超大盛り美味いよ」と言い回った。

ところがである。超大盛りを食ったオレの知人の一人が「別に普通のペヤングと変わらない気がする」と言ったのである。「え…?」。

「そうか。そういえばしばらくペヤングを食ってなかったな。久々だったから美味く感じたのかもしれんな」と思いなおしたオレは、もう一度冷静な気分で食ってみることにした。
こないだ食ったばかりだというのに再び購入。早速お湯を沸かし、ドボドボ注ぎ、3分間待ち、お湯を捨て、ソースをかけ、よく混ぜて食った。以上、まったく通常通りいつもどおり食った。やっぱり美味いのである。怒涛のように食いまくり一気に平らげてしまった。どういうことだろうか。オレの勘違いなのだろうか。
そのとき気付いたことがあった。いつものペヤングの麺と違って、超大盛りの麺はシコシコしておりソース馴染みもよく実に食感が良かったのだ。一言で言うなら「できたて」。並でも超大盛りでも出来てすぐ食えば「できたて」な筈であるが、超大盛りは本当に「できたて!」という感じがしたのだ。

ここでオレは、昔やった麺を茹でる実験を思い出したのだった。沸騰状態をうまく維持できれば麺質は劇的に改善する、というやつ。つまりこういうことだ。超大盛りは、注ぐお湯の量も超大盛り。お湯の量がとてつもなく多かったので、沸騰に限りなく近い状態のまま持続、なかなか冷めなかった、と。結果、麺が良い状態になったのではないだろうか、と。そう考えたのだった。
ネット上で様々な人々の意見を読んで見ると「ソースが足りない、味が薄い」というのが多い。しかし、オレはこれもまったく感じなかった。麺の具合が良かったのでよく混ざったのかもしれない。
ペヤング超大盛やきそばにはひとつだけ欠点がある。フタに付いているお湯を捨てるアナが小さすぎるのである。超大盛りな湯を捨てるには貧弱すぎるのである。おまけに麺が重いため、フタが外れてしまう危険性もある。これは実際にオレも初回に経験した。フタが麺の重さに堪えられず、お湯を捨てている最中にバコンと外れてしまった。
ということで味が薄いと言っている人々の中には、お湯を全部捨てきれずソースが薄まってしまったりとか、念入りにお湯を捨て続けるうちに冷めてしまったりとか、そういうパターンもあるのではないかと思った。UFOばりのターボ排水アナ付なら、もっと美味くなるだろう。まるか食品の方には、ぜひこの辺を改良していただきたい、と。そう思うしだいである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ありがとうございます。
Excerpt: こんな果てしないイベントに参加をしてくれてありがとうございます。 このイベントに参加して頂いた方はここで 紹介させて頂きます※順不同 浮浪雲 〜浮き世離れもほどがある!!〜 NOTEnet ..
Weblog: マリアシャラポワ似メグの浮気のススメ(仮)
Tracked: 2004-12-24 15:57

カップ焼きそば ペヤング 大盛り1.5倍いか焼きそば UFO
Excerpt: marcomusiさんの記事ペヤング超大盛り焼きそばの謎を読んで思い出してしまったので書かせてください。marcomusiさんほど文章うまくないけどご勘弁。確かに、コンビニでペヤング超大盛り焼きそばを..
Weblog: 凡人日記
Tracked: 2004-12-26 19:32

やきそば弁当・塩
Excerpt: 北海道でしか売られていない品です。 見ての通り「カップやきそば」なのですが、ポイントは「塩味」「じゃがいも入り」といったところ。 具に「じゃがいも」ってのは珍しいですよね。 出来上がりはこん..
Weblog: 日々の雑記@castle
Tracked: 2005-07-14 23:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。