2004年12月12日

電車男の書評など 2

またでていますね。おなじみ電車男の時刻表さんから。今回は大槻ケンヂ氏書評です。

ぞくぞく的確な書評がでてきています。皆さん素晴らしいです。オレも胡散臭いと思った一人であるし、機会があったり仕事であれば分析してみたい気もしたけど、これの場合は早晩優秀な方々が分析され、いろいろ暴露されてゆくだろうと予測していた、むしろそれを強く望んでいましたので、オレみたいな半端者がクチを出す必要は無いだろうと思って、ここでの論評は控え、他者を紹介するに留めていました。ビートルズに関しては誰も書かないのでオレが書いているわけですが、この問題に関しては他の論客たちのほうがはるかに素晴らしいですし、オレの意見は ネットが胡散臭い で述べているもので十分です。

反動も出てきていますよね。むやみに「やらせダメ」と騒いでいる人たちもいます。これは最近の韓流盗作紅白出演阻止運動(笑)と同じでただのお祭りですが、信じていたものに裏切られたー、みたいな純粋な方々も混ざっているでしょう。みんな必死すぎる気がするけどどうなんだろうか。
あと西村博之氏(2ch)のコメントも出ていたようですね。今ソースが探せないので断言は避けますが、どこかの関連スレッドで「電車男が自演であるという証拠が無いのでIPログは出さない(意訳)」と述べているのをチラッと見かけました。これも西村氏本人の書き込みかは断言できませんが、さもありなんという感じはします。

こうした流れを経て、とっとと膿を全部出してみるのも良いかも知れない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1272347
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。