2005年02月26日

メディアによるフェイクと堀江氏の関連性

たまには音楽屋(笑)らしいことでも書いてみようと思います。

ライブドア・堀江貴文氏の述べた考えは以下のようなものです。
ネットは新聞を殺すのかblog さんより)

我々は「世の中をこうしよう」というような意思を働かせない、本当の意味での媒介者、「メディア」になる。変なバイアスをかけるようなことはしません。発信者の意見をそのまま伝える、それがメディアの使命です。事実かどうか、それは神様にしかわからない。

この考えは(良い悪いは別にして)オレは実によくわかるし、自分と似ている部分もあると書きましたね。この堀江氏の考えについていろいろ考察していたときに、これは自分の音楽の好みについても当てはまるんだな、と気付いたのです。

実はオレは、歌手が勝手にオリジナル・メロディを変えて歌うのがイヤなのです。これを音楽用語でフェイクと言います。フェイクというと難しいですが、たとえば演歌の場合のコブシとかアヤを付けるとか、タメとかアドリブとか、そんなニュアンスですかね(参照)。つまり本来作曲者がメロディとして書いていない旋律を、歌手が「そのほうがカッコいいから」とかいう理由で勝手に変えて歌うのが嫌いなのです。

(実例は長くなったのでまとめて下に書きます)

つまり、ここで言う「歌手」はメディアなんです。そして情報は作曲者の創った曲です。作曲者は、コード進行、和声構成とメロディや歌詞との関係をちゃんと考えて創っています。そのとおりに演奏されるからこそ、その曲の持っている本質がリスナーにちゃんと伝わるわけです。極論すれば、歌手はそれをそのとおり再現すればいいだけのです。この辺を考えてくれない歌手がけっこう多いんですね。本人は乗っていたり、良かれと思ってやっているのでしょうが、そういう時のオレは「頼むから変にヒネって歌わないで、普通に素直に歌ってくれ」と思ったりしています。

堀江氏が情報にバイアスを掛けてはいけない、と言うのと同じように、オレは、作曲家の作ったメロディに変な色を点けて歌ってはいけない、と思うわけです。出来るだけ元のメロディに忠実に、綺麗に歌ってほしい、と。楽曲の本来の姿を正しく伝えることに徹してほしい、と。
ただオレの場合は、まったく否定しているわけでもなく、センスの良い優れたフェイクなら問題ないと思っています。むしろ、良くなるのだったらもっとやって!とさえ思います。こうなると、オレもバイアスをかけることになってしまうのですがね。

堀江氏は音楽をやる人なのかどうか知りませんが、もし彼が作曲家だったとしたら「メロディを自分が楽譜に書いたとおり忠実に歌え!」と言いそうな気がするんですよ(笑)。変な色を付けることは許さん、とね。歌手による恣意的改ざんは不要である、と。

あくまで想像に過ぎませんが、堀江氏のような気質の人は(オレもだが)、本質に出来るだけ近づきたい、と思っているだけなのではないでしょうか。その情報の本質です。誰かの目や声を通してではない、そのものが持っている本当の本質です。その為には全てをかける、と。誰に迷惑をかけても、その実現のためには方法も厭わず実行する、と。

おもしろいことに、クラッシックでも同様の動きがあったりします。近年オーケストラは大所帯になってきており、例えばベートーベンの生きている時代とは想定している人員数が違うので、彼の意図したものが近代オーケストラによる演奏では伝わらない、ということで、わざわざ当時の楽器と編成で演奏してみたりする試みがあります。また、オーケストラの曲は指揮者によっても印象が全然変わってしまうのものなのですが、オレ個人の好みはやっぱり、無用な派手さのないものだったりします。これらの例におけるオーケストラや指揮者も作曲者にとってのメディアといえるでしょうね。

以前の記事でスター・トレックに触れました。全体的に好きですが(オリジナルシリーズ)特に印象に残っているのは映画化第一作目です。機械の惑星に捕らわれた探査衛星が生命を与えられ地球に向かってくる、という内容なのですが、この知性を持ってしまった探査衛星が、人間の感情がどうしても理解できない、というのですね。そして暴れまくるわけです。Mr.スポックは、似たところがある自分と重ねて彼を見てしまい、必死に理解しようとします。

オレは、この生命を持ってしまった探査衛星にどうしても堀江氏の姿がダブってしまいます。その探査衛星はどうやってこの問題を解決したでしょうか。その答えは映画を見てみてください。ニッポン放送が意外にカギかもしれませんね。

今回の記事は、またいっそう飛躍してしまいました。ですがせっかくの機会だし、引き続き考えていこうと思います。本当に堀江氏は良いきっかけを与えてくれたと思います。


- メロディをフェイクする歌の例です -
続きを読む

2005年02月25日

ライブドア・堀江貴文社長という人 2

その後いろいろ感じたことがあったので、長くなりそうですがまた書いてみたいと思います。

先日紹介した江川紹子氏によるインタビューですが、堀江氏の真意が彼女に上手く伝わっていないようだ、というtsuruaki_yukawaさんの指摘があっていろいろ調べてみました。こちらを読ませていただく限りでは実際そのとおりだと思われます(tsuruaki_yukawaさんありがとうございました)。

やはり堀江氏の考えは、オレの思うことと大変似ています。しかも hotarunoheyaさんの情報 によると、堀江氏は父親による暴力を幼少時に受けており、それが今の性格形成に繋がっているということで、なんとこれも一致していますね。驚いてしまいました…。

前回の記事 でオレは、自分自身の考えを推し進めて行くとどういう人間になっていくのか、堀江氏のインタビューでそれを現実に突きつけられ、怖くなったと書きました。今でもその気持ちは変わらないですが、やはり彼を完全否定はできないのです。

会社は人で動いている、堀江氏がニッポン放送を手に入れたら従業員はほとんど辞めてしまい、放送局はただの箱になってしまうだろう、と、誰かがテレビで述べているのを聞きました。貸しスタジオと一緒だ、と。
放送というのは芸能の部分もあって、巧みな喋り、素晴らしい歌や芝居やダンス、脚本、演出家といった、所謂持ち芸が素晴らしい人だけではなく、音声さんとかミキサーさんとかカメラさん照明さんとか、それぞれの分野でプロである方々が素晴らしい技術を持ち寄る。それらの総合体が作品となるんだと思います。メディアでもあるが創り手でもある、と。そう考えると、そもそもメディアに平等とか平均とか有り得ないんじゃないか、と思いますが。どうなんでしょうね。
最近は番組制作の外注とかも多いですが、メディアということを考えるならば、そっちのほうが本来の姿じゃないか、という気さえしてきます。メディア側が情報の発信でもあると同時に創り手でもあるというのは複雑で判りにくいし、紛らわしくもあると思います。よく週刊誌等の真ん中辺りにある、2ページほどの記事に見せかけた広告がありますね。ああいうのと一緒で、どれが本当なのかわからない、実は本当のことなどまったくないのではないか?という疑念さえ浮かんできます。結局「デパートの大食堂」ってことなんでしょうね。

堀江氏のやりたいことは合法的闇市みたいなことなのかもしれません。場所をやるからおまえら好き勝手にやってみろ、流行るか流行らないかは客しだいだぞ、と。そういうことなら理解は出来る。

さて、そこで問題なのはライブドア(堀江氏)の提供する場所でいいのか?ってこと。

オレはメモライズ事件を今も忘れていません。何度もしつこいようですが、やっぱりあれは典型的な例だと思うのです。自分は「経堂駅前(笑)」にお店を出していたつもりだったのが、いきなり「今日からここは歌舞伎町です」と言われたようなものでした。それほど、ライブドアのポータルの印象は酷いものだったのです。エログや宣伝が溢れるなど、無法地帯然と化していました。
コンテンツをかたっぱしからゲットするのは良いが、その維持をしない、という問題もありました。どうなってるの?と何度訊いても会社側の誰も返答しない、とか、本当に大変でしたね。

テレビで堀江氏を見ていて気になる点があるのです。それは彼が常にイライラしているということ。自分も経験があるので判るのですが、ああいう育てられ方をしているとああいった性格になるんですね(父親の件)。
これは橋本龍太郎(元)首相を見ても思うのですが、メディアに出てイライラしている人はダメです。これは申し開きの余地なし。たとえメディアが恣意的にその部分だけを編集していたとしてもダメなものはダメ。イライラしているトップの下ではろくな人間が育たないからです。これは他ならぬ堀江氏自身が証明していますね。彼の父親がそうだったから彼もそうなのでしょう。ちなみにオレもそうでした(今もその気はありますが、だいぶ自重はするようになった)。
しかも、そんな性格ゆえか、江川氏のインタビュー等でも判るとおり、まったく彼の意思が他者に伝わっていません。というか、伝える気がないのでしょうね。判るように話さないのに、判れと言うのも無理な話ですが、追い込むと面白いキャラなのでインタビューする側も煽っているのもあるのでしょうね。この辺はショーケン(萩原健一氏)のインタビューを彷彿とさせます。

ということで、ライブドア或いは堀江氏のアイディアは同意できるけれども、彼の下ではそれをしたくない、というのがオレの考えですね。堀江氏が嫌い、というほどでもないのですが、オレがメモライズ事件でとっと撤退したことでも判るとおり、ライブドアの下ではメモライズ時代の自分のキャラを活かせないだろうという判断です。著作権問題 等でも今ひとつしっくり来ない部分があるし、安心して身を任せられる場所ではないというトータルな印象もあります。それが気にならない人や向いていると感じた人は、そのまま残れば良いでしょう。

今までの社会では、自分のやりたいことを実現するためには政治力のようなものも必要でした。素晴らしい(と自分が思う)コンテンツを創るだけではダメで、嫌な相手に「お願いします」と頭を下げたり、根回しをしたり、それを売り歩いたり営業する能力も必要だったのです。それは中間にメディアというのものがあるからですね。直接リスナーやユーザに届けることが難しいのです。例えば、どんなに良い音楽でも、まず最初にレコード会社を説得しなければなりません。ディレクターやプロデューサの熱意によって生まれたり世の中に知られた音楽はたくさんありますが、逆に彼等に取り上げられなかったため、知られることもなく消えていった音楽もたくさんあることでしょう。本当なら、それを選ぶのはリスナーや消費者であるはずです。今ならそれが可能になるのではないか。それはオレも思います。
もちろんレコード会社も不要ということではなくて、レコード会社も(堀江氏の言うところの)市民記者も同様に同じフィールドでレコメンドすれば良いのです。消費者がレコード会社の推す音楽のほうを良いと思ったら、それを買うでしょう。
しかし、良いコンテンツは組織が創るという部分もあって、良い組織には良い人も集まっていますから、結局プロの作るプロらしいコンテンツは、大きい組織のほうが生みやすいだろうとは思います。これは前述した「芸能」という部分に繋がってきますね。


というわけで、ゴチャゴチャ書いてきました。

依然、株問題も結論は出ていませんが、どっちに転ぶにせよ、この事件がメディア問題を深く考えさせる大きなきっかけになったのは事実です。堀江氏が行ったことの一番大きな意味というのは、実はそれなんじゃないのか。それだけだったりする可能性もあるかも。きっかけは〜ライブドア♪

思い返せば80年代のフジテレビもこんな感じだった。既存のテレビというものに疑問を投げかけてスタイルを変えてしまった(とオレは思っている)。

時代は変わる。皮肉なものです。


-追記-
フジテレビ社長曰く「事実だけを冷静に伝えるべきだと思っている」!
え〜と…。笑うところ?

2005年02月19日

ライブドア・堀江貴文社長という人

メモライズ・Livedoor Blog 騒動やニッポン放送株取得騒動で、どちらかというと今まで野次馬的視点で生暖かく見守る対象であった堀江氏であるが、実はすごい人であることがわかった。

まずはこちらを是非どうぞ。

「新聞・テレビを殺します」 〜ライブドアのメディア戦略江川紹子ジャーナル より)

うーん。これはオレも不勉強だったなあ。表面だけ捉えて面白おかしく扱っているうちに、とんでもない目に遭うかも知れぬ。キャラとして弄っていた人間にいきなり裏切られ、あわてて対処したフジテレビだが、誰にとっても明日は我が身でしょう。

これについてはたくさん言いたいことがある。何から書けばいいのか判らない。おそらく支離滅裂な文章になると思うので、初めに謝っておきます。

まず前回書いた小売店の記事。これは前回分の補足も兼ねてもう一度説明します。商店街の小売店は扱う商品が限られていますね。だから商品も当然、店主による、或いは提携しているメーカーによる選択が行われ、店頭に並べられています。つまり買う前に既に誰かの意思が働いていて、我々消費者は自分の意思の前に、まずその小売店の意思を反映させられて買っちゃってるわけです。前にも書いたように、オレは子供の頃よく騙されました。騙された、とは言っても些細な嘘みたいなものですけど、子供心にはショックというかかなりムカつくものです。
そういった経験からオレは、店主(不要なオモネリや客に対する媚)に騙されず、メーカーの意思も介在させず、自分自身の目と耳と情報のみで商品を選択したい、と考えました。そういう点で、あらゆる商品が揃っていた大型店というのは実に素晴らしい存在であった、と。これはどんなジャンルでも、です。電気製品だろうがCDだろうが書籍だろうが食料品だろうが、たくさんの中から自分の意思で選択できる。これこそ自分の望んだ買い方であった、と思っていました。

これと似たようなことが音楽系メディアにも言えて、今まで散々書きましたが、本当の役立つ情報がバカ高い書籍の値段設定のおかげで庶民の手に届かず、リスナーは情報を独占しているメディア側の稚拙な解説やライナーを読まざるを得ない状況である、と。それを打破したいがため、サイトで音源情報などを駄文ながら書き綴り、情報の平均化に努めようと思っている、ということですね。

ほかにもいろいろありましたが、どれも根底には「情報は平均に、誰にでも」というのがあると思います。流す側は選んではならない、選択するのはあくまで自分である、ということです。だが残念ながらメディアは公平ではない。これも事実ですね。なので、騙されない目を持とう。これも言いたいことのひとつでした。

さて、やっと堀江氏のインタビューに戻ります。オレのような考えで何でも進めてゆくと、どうなっていくのか。堀江氏のインタビューに答えは全て書いてありますね。あまりにも彼の考えは、オレの考えと一致するのです。

今までオレは調子に乗り、様々なことをここで書き散らしてきました。
そして今回、お前の望んだことがこれだぞ?と、堀江氏のインタビューという形で具体的に提示されてしまったのです。現実に見せられ、オレは「怖い」と正直に思いました。

オレは昔から大人に可愛がられない子供でした。なぜか判りませんが、ほかの子供とオレとの扱いに差があるのです。子供にとっては大人が全てですからね。扱いに差が出ると、受け取れる情報の量や質にも差が出てしまいます。オレは当時「自分は天才である」と思い込んでいた馬鹿でしたから、この扱いはとてつもなく理不尽に感じました。その感情が、前述したような考えに繋がってくるのだと思います。

堀江氏は、たとえば寿司屋の大将の「今日はこれが美味しいよ!」といったような言葉に耳を貸さない人間なのでしょうか?江川さんが例に出している新聞の小さい記事のようなものは、こういった店主のレコメンドに当たるものだと思います。
それとも彼にとっては「美味しいよ」=「人気のあるコンテンツ」と捉えているのか。つまりこれが寿司屋ではなくアマゾンだったとすると「今日はこれが一番売れてるよ!」となるのか。その辺の捉え方はどうなのか興味があります。

社会人になり様々な仕事をしました。そこで判ったのは人間性もかなり重要なんだな、ということでした。
オレ個人は、実力主義が一番だと今でも思う。実力がある人なら、とてつもない天才の人ならば、人間的には最悪でも最低でも構わない、そう思って生きてきたのですが、実際の社会はそうではなかったですね。
人間的に最低でいるために、とてつもない実力と才能を常に維持しなければならない。人間的に最低でいるためには、とてつもない努力が必要だったのです。

堀江氏もこのループにハマってしまっているのではないか?そう感じましたね。

結局オレは子供のときだけでなく、大人になってからも年上の人間にはまったく可愛がられませんでした。年上の人たちが提示するほとんどのアイディアは、オレがまったくやりたくなかったものばかりでしたから。そりゃあ仕事やりにくいっすよ。あたりまえです。向かってくるもの全員「敵」ですよ。だから自分を磨くしか方法はなかったんですね。

今なら、それも道のひとつだとわかります。まず初めに先輩の言うことを聞いておいてシステムに入り込み、10年くらい経って自分の事が出来るようになってから、自分自身のやりたいことを始め、社会を思うとおりに変えていけばいい。それも方法のひとつだと判ります。しかし、若いうちはそんなこと判りませんよ。オレ馬鹿でしたし。
堀江氏もどこかで「年を取るまで待ってられないから、今好きなことをやるのだ」と言っていたはずです。

結局社会に入れなかったものはゲリラになるしかないのか。それとも今後の社会は変わってゆくのか。そんなオレ等にとってネットは素晴らしいツールだと勘違いするのも、我ながら判らんでもない。

ミスタースポックにある半分の人間的感情。これの意味をオレはこれからも考え続けていきます。

やっぱり支離滅裂になってしまった。みなさんスマソ。


-追記-
この記事には続きがあります。

2005年02月17日

いらっしゃいませ、こんばんは。

☆記事執筆から4年後に奇跡の復活!
http://maicou.tumblr.com/post/168684301



オリジナル文は以下です(同じですが)。
オリジナル

2005年02月15日

ログの書籍化 3

2chログの書籍化についてスレッド(毒男板版はこちら)で発言されていた独寄人さんという方が
ログの書籍化に関するまとめサイトを作られました。

「2ちゃんねる」著作権侵害問題

今までの流れは、だいたいこれでわかると思います。


電車男の時刻表さんもそうですが、こういったまとめサイトというのは重宝しますね。ネット上や世の中の流れを逐一追うのは大変ですし、とっても助かります。

アンチ派の発言というのは、とかくバラけがちになってしまい、まとまった批判という形で見えにくくなってしまいます。そういった意味でも、こういうアンチ派のまとめサイトは非常に助かります。

是非とも頑張っていただきたいと思います。

2005年02月12日

筋肉番付国会

いきなり全然関係ないんだけど、
スポーツ選手が議員になるの、だいっ嫌いなんですオレ。

なに?何のためになるの?まったく意味不明。
こないだの馳氏とか。最低。テレビであの質問見るたびハラワタ煮えくり返る。
別にオレ民主党の味方じゃないけど本当に議事録から削除して欲しい。

他にもたくさんいますよ。古くは小○清子氏とか。
大仁田氏とか。松浪氏とか。橋本○子氏も。
地方だとなんか覆面の人とかもいたよね。
みんなさ、何かに役立ってるの?
いや。役に立っていても不要だと思う。もっと他の貢献の仕方があるだろが。
議員なんか、ただ政党に利用されてるだけだろう?

いや、個人的にはまったく恨みもないし
皆さんすごいとも思ってるけど

議員になる必要はない
まったくない


自分は政治にも興味があってただの筋肉馬鹿じゃないんです。
…っていうじゃない?
自分は政治も興味があるんですーって宣言すること自体が馬鹿ですから。
残念!

なんて。あえて今さら波田陽区で書いてみたぞ。

これ。実際やってみるとスッキリするんだねえ。
けっこうナメてたんだけど、意外に見直した。
だからネタ本体のヒネリをもっと頑張れ。まだ遅くないぞ>波田様

って何の記事なんだか。
marcomusi at 11:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2005年02月09日

ライブドア、ニッポン放送株35%取得

いやあ。このカテゴリを今さら増やせるなんて。感動ですな。

オレがかつてライブドアにどんな目にあったかは こちら を是非とも。
もっともこれはオレだけじゃないけどね。
元メモライズユーザの中には今でも恨んでる人は少なからず居るであろう。
気に入らない場所を見限るのが早いオレは、とっととライブドアブログから撤退してしまったわけだが、そうして他人事になってしまうとライブドアというのは楽しめる企業なのだと知った。

当カテゴリの 記事 でオレは、
これからの展開を見ずに何かを言うのもアレなんだが、
堀江氏には新たなネタを見つけてまた祭りを起こしてもらいたい。
良くも悪くも、ここまで注目させた意義は大きかったと(今更ながら)思うので。
是非また楽しませてほしいね。
と書いた。それが現実となったわけだ。


しかしメディア関連ときたか。
この件についての詳細は ガ島通信さんR30さん をぜひ。参考になります。

ちょうど今、メディア関連は旬な話題で個人的にも盛り上がっていたところ。
ここは是非ともドン・キホーテとなってかき回していただきたい。
野球なんかよりもよっぽど意味のあることだろう。

最後はジョンレノン氏についてポールマッカートニー氏が語った言葉(意訳)で締める事にしよう。
ジョンはゲートを最初に開ける役目だった。
僕らはあとから着いていけばいいから楽だった


ちょっと買い被りすぎかな?

2005年02月08日

ログの書籍化 2

皆さんご存知でしょうが 2chログの書籍化について がおもしろい展開になって来ています。現在は Part2 になり続いています。

既に2ちゃんねるの投稿確認も変わっています。

投稿確認
・投稿者は、投稿に関して発生する責任が全て投稿者に帰すことを承諾します。
・投稿者は、話題と無関係な広告の投稿に関して、相応の費用を支払うことを承諾します
・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき、掲示板運営者及びその指定する者に対し、これらを日本国内外において無償で非独占的に利用する一切の権利(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)を許諾することを承諾します。また、掲示板運営者が指定する第三者に対して、一切の権利(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)を許諾しないことを承諾します。
・投稿者は、掲示板運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

以上、リアルタイムで密かにウォッチングしてましたが、なんかどんどんハマっていってないですかね?ひろゆき氏や彼に賛同する人々は「追い込んだのはお前らだろ」と言いたいところでしょうが、追い込まれるようなことに追い込んだのは(笑)彼等や出版社のほうですからね。ただで拾った物を売るような商売は、そうそう続くはずはないんで。昔の写真週刊誌事件(ビートたけし氏による襲撃事件)を思い出します。行き過ぎた取材を繰り返し報道の自由を振りかざした結果、その行き過ぎ具合を国会や法廷で揶揄され、逆に墓穴を掘ってしまいました。

個人的なことですが、オレは昔、拾った自転車を乗り回していて警察に連れて行かれたことがあります。職質とかそういうことではなく、アパートの部屋まで警官が3名やってきてパトカーに乗せられ警察署まで行ったのです。署で「これは占有離脱物横領罪という罪ですよ」と説明を受けました。幸い前科にはなりませんでしたが、一歩間違えば危なかったわけです。

おなじみの電車男の時刻表さんで触れられていますが、あくまでお目こぼしと善意(というより小心者なので言い出せないだけ?)があるが故に成り立っている商売だということ。これを出版社側には忘れないでいて欲しい。せめて一握りの後ろめたさくらいは感じて欲しいと思います(これって実は Bootleg と同じですよね)。

毒男とは別に、もうひとつスレッドの書籍化の計画があったようですが、これは中止となったようですね。とりあえず賢明だったのではないでしょうか。

全てに言えることは「たった一言あればよかった」。
誰も著作権を主張したり分け前をよこせと言っているのではないと思います。ほとんどの事例は出版メディア側が「この掲示板のログを書籍化することになりました」とか、たった一言断りを入れれば済んだ話だと思います。それをあえてしないのは、2chの場合は前述の投稿確認でも判るように「それは折り込み済みの話である」ということでしょうが、出版社側は「名無しや匿名でネットに書き込んでいるような人たちに許可を取る必要などない」という考えが根底にあるような気がしますね。本来ならば、たとえ西村博之氏(2ch)が「許可を取る必要はないですよ」と言ったとしても、出版社のほうが「いや。一応こういうことはちゃんとしておきましょう」というのが筋だと思います。

オレは昔は性善説な感じで生きてきた人間なのですが、ここ10年くらい、そんな考えでは世の中は通用しないと思うようになりました。今回の書籍化の話も、黙っていたらどんどんエスカレートしていったと思いますね。ネット上で様々な人が声を上げ、状況を変えて行こうと頑張っているのは良いことだと思います。

引き続き見守っていきましょう。


- おまけ -

電車男がついに映画化です。「◆主宰者に許諾」とな?
こうなりゃどんどん行くところまで行け。相手が大きければ大きいほど議論し甲斐があるってなもんです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。